上級者メニュー

【肩周りに効果絶大】三角筋の停滞期を突破する筋トレ方法!

三角筋停滞期

肩周りの筋肥大に悩む方、たくさんいらっしゃると思います

肩はかなりの筋群が集まっているため、トレーニングに幅を利かせる必要があるんです

柔軟性がないと可動域が広くとれず追込んだつもりでも甘くなってしまう部位

三角筋の筋肥大が難しい理由を説明しながら話していきます

三角筋の筋肥大がなぜ難しいのか

三角筋、トレーニングしているけどなかなか大きくならないなぁ

いろいろなメニューに取り組んでも、いまいち大胸筋や背筋に比べてすぐに効果を実感できずにいました

三角筋は実生活であまり使用しない

ボルダリングみたいな身体を引き上げるような運動、あなたはしますか?

普段の生活で、肩周りに負担のかかる動き、かなり少ないんです

だからこそ、ハードな追込みが必要

さらに、あまり使用しない部位だからこそ

身体の硬さが原因で可動域が狭い!

三角筋を効率よく鍛えるために、肩周りはストレッチを入念に行って可動域を広げる工夫がいります

三角筋を鍛えておくメリット

三角筋はどのトレーニングでも、負荷は少ないけど使用する部位

大胸筋トレでも肩周りは使用するし、背筋を鍛えるデッドリフトでもバーベルを支えるために使用します

三角筋を鍛えておくだけで、ほかのトレーニングで扱える重量も引き上げることができる!

翔
三角筋は身体を大きく見せることもできる!

三角筋は軽く見られがちだけれど

鍛えておいて損はない

三角筋の停滞期突破法

僕は背筋と三角筋はセットで取り組んでいます

背筋のトレーニングは、三角筋にも負荷がかかるから、どうせなら一緒に追込みする方が短期間で効果を実感しやすいよ!

僧帽筋(首周り)にも負荷がかかるから、僧帽筋も併せてトレーニングするのもオススメ

翔
僕のトレーニングメニューを参考に話していくね!
  • デッドリフト
  • ベントオーバーローイング
  • リバースグリップベントオーバーローイング
  • バーベルショルダープレス
  • バーベルショルダーバックプレス
  • ベンチシットバーベルシュラッグ
  • ダンベルフロントサイドレイズ
    上記メニュー 10×3セット

 メニュー多すぎ!!

こう思った方は絶対いるはずw

僕は短期間で超筋肥大を求めているので、背筋と三角筋を同時に取り組んでいます

体力に自信がある方は真似してもいいですが、しんどいセットメニュー

背筋は別日にするのもアリです

停滞期を突破する追込みメニュー

ダンベルフロントサイドレイズ、これなんだ?と思った方、三角筋周りをトレーニングしている証拠!

普通は、ダンベルフロントレイズ・ダンベルサイドレイズ、それぞれ別のメニューとして考えます

これを複合させたメニューとして、三角筋の追込みメニューに取り入れています。

そのメニューがこちら

翔
まじしんどい

しんどいからこそ

優秀な追込みメニュー

  1. フロントからサイドにスライドさせることで、1度に広い範囲を鍛えられる
  2. 上げた状態をキープすることは、常にその部位に高負荷を与えられる
  3. 追込みメニューだからこそ、軽重量でも効果絶大

やってみてもらえば、どれだけ優秀なメニューか実感してもらえるので是非取り入れてみてほしい!

三角筋を鍛えて別部位重量UPを目指そう!

三角筋は実生活では使用されない部位だからこそ、積極的に追込んで欲しい

停滞期を突破するために、どの部位でも必ず追込みメニューは1つ作っておくと、簡単に停滞期の突破はできる

効果を実感できないって、すぐに諦めてしまったら勿体ない

是非、ダンベルフロントサイドレイズ、挑戦してみてね!

それでは良い筋トレLIFEを!

筋トレ停滞期を突破する方法
【筋トレ停滞期を突破】筋肥大が加速する3つのテクニック!筋トレしても効果が実感できない、停滞期に入ってしまったかもしれない 僕も停滞期はありました 停滞期の悩みにブチあたる時は必ず...