上級者メニュー

【下半身トレ効果絶大】下半身の停滞期突破を簡単にする1つの方法!

下半身停滞期

停滞期突破、第3弾!

今回は下半身の停滞期を突破する方法をご紹介!

僕の筋トレ経験を踏まえると、下半身は停滞期にブチ当たるよりも、しんどいツライのが強く感じました。

そんな方、たくさんいらっしゃるかと。

しんどさを軽減しつつ、効果絶大な方法があるなら実践したいと思いません?

その方法を話していきます!

下半身トレについて

下半身の停滞期、僕はあまり感じたことがありません。

下半身トレを避けていた理由が

翔
ただただしんどい!!

こう感じていて、下半身トレが1番嫌いでしたw

停滞期を感じない理由

下半身、普段の生活で必ず使用する部位ですよね。

歩く、走る、落としたものを拾う。

常に動く部位なので、柔軟性もあって停滞期に陥るのが少ないかなと思いました。

下半身を鍛えておくメリット

下半身は日常生活で常にといっていいほど、使用頻度の高い部位。

翔
鍛えるメリットはこちら!

疲れを感じにくくなる!!
O脚解消で足長効果!!!

階段を昇る際の疲労感を軽減、少し距離のあるウォーキングもへっちゃら!

O脚やX脚の解消で足長効果を出せるのも、かなり大きいメリット!

スタイリッシュにカッコよく魅せるなら、下半身の鍛錬は欠かせないトレーニングです。

下半身の停滞期突破

僕は下半身の停滞期を感じたことが少なくて、ただただしんどい!コレが悩みでした。

翔
僕のトレーニングメニューを参考に話していくね!
  • バーベルフルスクワット
  • バーベルランジ
  • ブルガリアンスクワット
  • ダンベルカーフレイズ(片足ずつ
  • シーテッドカーフレイズ

上記メニュー 10×3セット

今回も

 メニュー多すぎ!!

でも、他のメニューより大幅に重量を下げて取り組んでいます。

しんどさを軽減するために!

重量をただただ上げるより、いかに追込むかが重要!

しんどさを軽減しつつ追込む方法

重量が下がった分、普通に取り組むだけではなかなか筋肥大を加速させることは出来ない。

じゃあどうするか!

1セット中の1~9は通常通り

ラスト1回をフル可動域の
最低位置で2秒キープ!!

ここでキープして一気に引き上げる、その1回だけをしんどくするだけで筋肥大は一気に加速させることが出来る!

しんどい10回が続くより、1回だけしんどい方が気楽になりませんか?

翔
しんどいと思うとモチベーションdownに

モチベーションを保つ!!

筋トレは継続してこそだから、工夫することが大事。

まとめ

下半身は日常生活で常に使用する部位で、停滞期を感じにくいと僕は思いました。

なにより、1番嫌いなトレーニングで避けたい気持ちが強かった。

しんどさを軽減したことで下半身トレを気楽に取り組めるようになったんです。

他の部位とは違った停滞期突破法ですが、是非試してみてね!!

それでは良い筋トレLIFEを!

筋トレ停滞期を突破する方法
【筋トレ停滞期を突破】筋肥大が加速する3つのテクニック!筋トレしても効果が実感できない、停滞期に入ってしまったかもしれない。 そんな悩みにブチあたる方、たくさんいらっしゃるのでは? も...