ボウリング

【ボウリングはリズムが命】歩幅と助走を整えてフォームをキレイに!

ボウリングはリズムが命!

前回の振り子スイング、上達の助けになったかな?

振り子スイング意識したけど、全然よくならない!!

翔
振り子を理解しただけではまだまだ足りない!

ボウリングって、ボールを持って投げるだけのシンプルなスポーツでしょ?こんな風によく思われるけど、とっても奥が深いスポーツ!

投球リズムが少し狂うだけで、いつも100超えていたスコアがドカンと下がることなんてザラにあります。

とっても奥が深いスポーツだからこそ、いろいろ習得しないと上達しないよ!

次のステップは歩幅と助走を整えて、キレイで自然なフォームを完成させていこう!

なぜ歩幅と助走が大切なのか

ボウリングって、リズムが非常に大事。

ボールを投げるとき、タイミングが悪くて足が止まること、たまにないかな?

それは自分の中で投球フォームが完成してないから。

 

引用元:プロが教える「助走」 谷川章子

アドレスから始まってフォロースルーまでの間、4歩助走か5歩助走が一般的。

上記の谷川プロの投球フォームを参考に!

谷川プロは右投げの4歩助走だから、右足からスタート。

翔
僕は右投げの5歩助走だから、左足からスタート

※左利きの人は逆足

アドレスからフォロースルーまでの間は知識として覚えておくだけでいいよ!

ボールを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ振り下ろす、その間のフォームのイメージとして参考にしてね!

歩幅の重要性

足がうまく動かず、タイミングがズレてリリースをやめること、きっと1度は経験したことあるはず。

歩幅調整をしっかりと身体に覚えさせないと、フォームはキレイにならないし、スコアの落差が激しい。

翔
足がバタつかないことがとても大切!

足がアプローチ(床)から離れすぎるのもフォームの崩れに繋がるよ!

身体が縦方向に動くだけでも振り子スイングがブレる。

極論、すり足!

少しのズレが投球フォームの狂いになるから、足からくる上体への影響を少しでも減らそう!

助走の重要性

助走を長くとるとファールラインまでの間にリズムを整えることができるよね。

長くとる理由がもう一つあって、ボールのスピード調整を行えること。

助走距離が長いほど前に向かう力が強くなるから、ボールにスピードが乗るのはわかるかな?

でも、助走のスピードが速いとフォームが崩れやすい!

翔
リズムを掴むまではゆっくり進むことを意識しよう!

僕の助走のイメージは

タン・タン・タ・タターン!
1歩・2歩・3歩・4、5歩~

リズムを刻むことで安定したフォームに仕上げることが出来る!

歩幅と助走を整える2つの方法

ボウリング場についてボールやシューズを用意したら、すぐに投球する人がほとんどだよね。

ただ闇雲に投げたらすぐに上達するものではない、この記事にたどり着いた人ならよくわかっているはず。

ファールラインを越えた場合、オイルがアプローチについて滑りやすくなっていることもある。

転倒してケガをしないためにも、下の2つの方法を取り組もう!

アプローチでリズムを確認する

シューズに履き替えたら
ボール無しでエアー投球をする!

アプローチの状態を確認することで、転倒でケガをする可能性は少しでも減らそう。

どの立ち位置から投球するのか、歩幅や助走スピードの調整、リズムの確認をボールを持たずに行う!

ボールを持って投球する前に、自分の中で投球イメージを作ることが大切!

歩幅のイメージを固定する

助走の歩幅は、最初の3歩は細かく小さめに。

最初から大きく踏み出すと、身体にブレが生じるし、スイングのリズムも取りづらい。

助走とスイング、この2つをタイミングよく行うことが力まずキレイで自然なフォームになるよ!

まとめ

毎度毎度コレ言ってくし、何回もうるさいっ!て思われても言う

翔
ボールは身体の動きに正直

ボールは重たいモノだから、その重さに逆らわず、重力で降りてきたボールをリズムよくリリースすることが非常に大事!

リズムを持てることが大切!
適切な歩幅と助走を身に付けよう!

キレイで自然なフォームを完成させるために、意識してみてね!

ボウリング振り子
【ボウリング上達のコツ】振り子を理解する!ボウリングでスコアが悪い、苦手!嫌い!と思っている人、たくさんいらっしゃるのでは? 僕もボウリングを始めた頃、それはそれは酷いスコ...